カテゴリーから探す
オールシーズン季節を選ばず、オシャレに欠かせないアイテム。それが「ジーンズ」
ジーンズ選びを間違えさえしなければ、年中オシャレができると言っても過言ではない!!
そんなオシャレに欠かせない「ジーンズ」
世の中には、沢山のジーンズがありすぎて、実際どんなものを選べばいいのか分からないと迷ったことはありませんか?
そこで、もうジーンズ選びに迷わない!メンズジーンズの選び方を伝授します。
 

まずジーンズの歴史を知っておく


なぜジーンズの歴史を知っておくべきなのか?


後ほど説明していきますが、ジーンズは丈夫なので、長い間愛用出来るモノです。
購入したジーンズに愛着を持って長期間大切にしたいですよね?
歴史を知らずに使うのと、歴史を知った上で使うのとでは、やっぱり歴史を知った上で 使う方が愛着を持てるはず!!

だからこそ、ジーンズの歴史を簡単にでも知っておきましょう!!

ジーンズの始まりはゴールドラッシュ時の労働着


今やファッションアイテムとしては欠かせないアイテムになっているジーンズですが、始まりは労働着。
一攫千金の夢を追って集まった人々が、そこでのタフな労働に耐えうる丈夫で長持ちする労働着を必要としていたことから
ジーンズは一気に広がりました。

知っておくべきジーンズのブランド3選


  1. LEVI'S(リーバイス)
  2. LEE(リー)
  3. Wrangler(ラングラー)

最低でも上記した3ブランドは知っておきましょう!
なぜ、このブランドを知っておくべきかと言うと、流通しているジーンズのほとんどがこの3つのブランドをベースに作られているから。
また、これらのブランドがジーンズのファッション化において大きな役割を担ったということも知っておくべき理由の一つ。
これらのブランドを知っておくことでジーンズに対する造詣が深くなり、ジーンズを選ぶ際の目を養う事が出来ると言っても過言ではありません。
今回ジーンズの歴史について知る理由は、愛着を持ってジーンズを穿くことなので、歴史についてはここまでにしておきます。
もっと、歴史を知りたいという方は、こちらのサイトを参考にしてみてください。

デニム生地について


ジーンズの歴史について知った後は、ジーンズの生地についても知っておきましょう。
生地について知っておくべき項目は以下の三つ!!
  • デニム生地の織り方について
  • 色落ちの仕組み
  • ストレッチジーンズの構造について
この三つの項目について知っておけば、ジーンズ選びの際に、数あるジーンズの中から自分に合ったものを選び出すことができると思いますよ!

デニム生地の織り方について


ジーンズの生地について知る上で大切なことは、まず生地の織り方について知ること。
生地の織り方を少しでも、理解しておくとジーンズの選びで迷わなくなりますよ!!
実際、ジーンズをインディゴに染められた生地ぐらいに理解されている人も多いはず。
大きく間違っている訳ではないですが、ジーンズを知る上では凄く大切なことですので、しっかり理解しておきましょう。
これから簡単に3ステップで説明しますね!

ステップ1:織り物の三原組織とは・・


生地の織り方の組織は、以下の三つ。
この三つは、三原織組織と呼ばれ織り物の組織のほとんどは、この三原織組織を変化させて織ることで作られます。
  • 平織
  • 綾織(デニムはこの織組織)
  • 朱子織
それぞれの特徴をサラッと説明すると
平織の生地は、糸の密度が濃い為、摩耗しにくく生地の表面に凹凸があまりないので、肌触りがサラッとしています。
シャツなどのトップスに適した織組織です。
綾織の生地は、その名の通り生地の表面に綾模様が表れる織組織です。
堅牢度が高く、とても丈夫なことが一番の特徴です。
ジーンズは、この綾織の生地の代表的な生地です。
朱子織の生地は、光沢感があり高級感がありますが、摩擦に弱くジャケットやパンツの裏地に使われる事が多い生地です。
織り物の三原組織を簡単に理解したところで、次はデニム生地の織り方の特徴を説明して行きます。

ステップ2:デニムの織り方の特徴


ステップ1でデニムは綾織りの生地という事は理解出来たと思いますが、デニム生地の織り方には大きな特徴があります。
最大の特徴は、タテ糸にインディゴ染めした糸を使い、ヨコ糸に染色をしていない糸(主に白の糸が使われる)を使って綾織りした生地という事。
この特徴により、インディゴ染めしたタテ糸の色落ちを楽しんだり出来るようになっています。
カラージーンズの原理はインディゴではない色に染めたタテ糸を使用して色を出しているということになります。
また、ダメージ加工が施されたクラッシュジーンズは、タテ糸を切ってしまって白いヨコ糸を残すという加工をされたりします。

ステップ3:デニムの綾目の種類について


デニムは綾織りの組織で生地の表面に綾状の畝が表れる訳ですが、その綾目にも種類があります。
覚えておくべきは、右綾と左綾があるという事。
右綾というのは、右上から左下に向かって綾の畝ができる綾目のこと。
この右綾のデニムで代表的なのは、LEVI'S(リーバイス)です。
ざっくりとした無骨な印象でよりカジュアルな見え方をするのが、この右綾のデニムです。
通常デニムはこの右綾で作られていることが一般的で流通しているほとんどのデニムが右綾になっています。
これもLEVI'S(リーバイス)がデニムを席巻してきた功績とも言えるかも知れませんね。
続いて、左綾というのは、左上から右下に向かって綾の畝ができる綾目のこと。
この左綾のデニムで代表的なのは、LEE(リー)です。
左綾にすると、表面はフラットになり、滑らかで上品な印象になります。
しっかりとしたタテ落ちが出る特徴もあるので、ジーンズマニアに支持されていたりします。

ジーンズの色落ちの仕組みについて


デニム生地の織り方の説明でも、少し触れましたが、ジーンズはタテ糸にインディゴに染めた糸を使います。
そうする事によって、使いこんでいく内に、インディゴに染めた糸が色落ちしていき、タテ方向に色が落ちて行きジーンズのエイジングを楽しめるということです。
この色落ちを楽しむ為に、リジットジーンズ(洗いを掛けていないジーンズ)から育てて行くという方もいるのですが、
リジットは洗った後にウエストで約2インチぐらい縮んでしまうこともあるので、玄人に好まれます。
ジーンズを手軽に穿きたいのであれば、元から頑張ってジーンズを育てたように加工をされているジーンズを選ぶのがベストです!!

ストレッチジーンズの構造について


ストレッチジーンズが何故伸びるのかという疑問を持った事ってないですか?
そこで、ストレッチジーンズが何故伸びるのかについても、簡単に説明します。
平たく言うと、ヨコ糸にポリウレタンという伸縮する化学繊維を混紡し横方向に伸びるようにするという仕組み。
このように説明すると、化学繊維が入っていて肌に悪いのではないか?と不安になる方もいらっしゃるかもしれません。
しかしながら、ポリウレタンの糸にコットンでコーティングしたような形で一本の糸にするので、基本的には肌に触れるのは天然素材のコットンになるので、安心して大丈夫です。
探究心のある方はジーンズを分解して、一本の糸に裂け目を入れて確かめてみると良いですよ!
私は、20歳の頃に一度試しました。笑
上記した方法で、ストレッチ性を持たせることで、格段に動きやすく穿き心地が良くなるので、余程の拘りがなければストレッチジーンズを選ぶのが良いと思います。
ただ、ストレッチジーンズはヒザが出てきやすいので注意が必要!
ストレッチジーンズのヒザが出てきた時は、もうヒザが出ない?!スキニーパンツのシルエットを綺麗に維持する方法!もチェック!
  ストレッチジーンズを5000円以下で購入したい方はコチラ!
ここまで、ジーンズの基礎知識を説明してきましたが、ここからは本格的にジーンズ選びについて説明して行きます。

ジーンズの正しいサイズ選びの方法


ジーンズ選びで一番難しいのが、サイズ選び。
このサイズ選びを失敗してしまうとどれだけ高価なジーンズを購入したとしても、ダサくなってしまうので
しっかり抑えておきましょう!
サイズ選びで気を付ける個所は以下の2つ!
  • ウエストサイズ
  • 太もものサイズ

この2つの個所を抑えておけば、サイズの選びの失敗は格段に減ります!!

ジーンズのウエストサイズの基準


正しいウエストサイズの基準は、ジーンズを穿いた時にウエストに拳が半分入るくらいのゆとりを持たせたサイズです。
ウエストサイズを選ぶ時に、自分のウエストのヌードサイズと同じサイズで考えていませんでしたか?
それでは、小さすぎなんです。
小さすぎると判断する基準は、ジーンズを穿いている際に、ポケットが開いてしまっているかどうか。
ポケットが開いてしまっていれば、それはサイズが小さいという事です。
また、難しいのは通販で購入する時のサイズ選び。
通販で購入する際には、必ず自身の持っているジーンズを通販サイトに記載されている平置きの採寸方法で採寸した上で測り比べて下さい。
面倒かもしれませんが、サイズ選びを間違えてしまうよりは絶対に良いです!

ジーンズの太もものサイズの基準


自分がピタッと穿きたいのか少しゆとりを持って穿きたいのかによっても、太もものサイズは変わってくるのですが、
正しいサイズ選びの基準があるので、ご紹介しておきます。
太もも周りのサイズを確かめるには、横を向いて脇線の状況を確かめて下さい。

確かめるべき3つのポイント


  1. 脇線が真っ直ぐと裾に向かって落ちているば、正しいサイズ。
  2. 脇線がウネウネと曲線状になってしまっていたら、それはサイズが大きい。
  3. 脇線が真っ直ぐでは無く、斜めに落ちてしまっていれば、サイズが小さい。

これが基本的な基準です。
人それぞれ心地よいフィット感はあるかもしれませんが、覚えておくと本当の意味でジーンズをカッコ良く穿きこなすことができますよ!

ジーンズのシルエットの選び方


ジーンズには、沢山のシルエットがあります。
その中でも、一本は持っておきたいという鉄板のシルエットがあるので、そのシルエットを2つ紹介します。
  • ストレートシルエット
  • スキニーシルエット

ジーンズ人気ランキング




ストレートジーンズのオススメ


ストレートシルエットは言わずもがな、鉄板のシルエットです。
このストレートシルエットは如何なるシーンにも大活躍するので、少し奮発をしてでも良いモノを持っておく事をお勧めします。
中でもオススメなのが、LEVI'S(リーバイス)の501。
何度も名前が登場しますが、ジーンズと言えばLEVI'S(リーバイス)という一般認識があるぐらいこのブランドはおススメです。
その中でも、鉄板のストレートシルエット「501」は一品は持っておきたい所です。

スキニージーンズのオススメ


スキニ―シルエットがオススメな理由は、何といってもスタイルが良く見える事。
コンプレックスの解消をしてくれる最高のシルエットです。
脚が短い、スポーツをしていて太ももが太いなどなど、様々な悩みを解決してくれるのが、スキニ―シルエット!
ストレートジーンズは既に持っているという方は、一本は持っておきたいジーンズの一つです。
そんな万能のスキニ―ジーンズを5000円以下で購入したい方はコチラ!

今人気のダメージジーンズがオススメ


ダメージジーンズが人気になってるって知っていましたか?
オシャレなジーンズ選びがしたいなら、ダメージジーンズがオススメ!
ZOZOでも人気のダメージジーンズはこちら!

ジーンズのイケてるロールアップの方法


ジーンズって、ロールアップの仕方で突然ダサくなったりしませんか?
かと言ってロールアップをせずに、生地が余った状態で穿いているのもカッコ悪い。
だからこそ、ジーンズの丈を調節するロープアップは重要です。
そこで、イケてるロールアップの仕方についても紹介します。
ロールアップは、折り返しが太すぎるとダサくなってしまいます。
ロールアップの幅の基準は、裾口のステッチ(縫い目)が入っている箇所で2回ぐらい折り返すのがベストなバランス。
もし、上記の方法でも丈が長すぎるという場合は、一度大きめに折り返して縫い目を残すぐらいにもう一度折り返すというロールアップの仕方もあります。
また、ロープアップすると子供っぽくなってしまうから嫌という方は、アンクル丈のジーンズを選ぶ事をオススメします。
アンクル丈のジーンズを5000円以下で購入したい方はコチラ!

ジーンズのNG着こなしとは?


ジーンズの着こなしで絶対にやってはいけないのが、「腰パン」
その理由は、ダラしないからという単純な理由だけではありません。
一番の理由は、「腰パン」という着こなしの由来にあります。
腰パンが囚人が牢屋で自ら命を絶たないようにベルトを与えなかったことによって自然と腰の位置までズボンがズレてきていた着こなしから生まれたということを御存知でしたか?
もちろん、この歴史を知った上で、腰パンをファッションスタイルとして取り入れるなら腰パンもありかもしれません。
ですが、囚人から生まれた着こなしをしたいとは思わないですよね?
だからこそ、腰パンはNGな着こなしなんです!
このことを知っていれば、ちゃんとベルトをしてジーンズを穿こうと思いますよね?
▼確実に失敗しないデニムを選びたいならコチラ▼